その絶景を当館から一望。歩いて23歩で海水浴場。
展望風呂からも絶景が広がります。
また年間通して新鮮な海の幸はもちろん、
なんとカニ料理も年中味わって頂けます。

雄大な日本海、
日本の「夕陽百選」に選定された名勝「夕日ヶ浦」
当館、海の華からも美しい夕日を眺められます。

美人の湯としても知られる夕日ヶ浦温泉、
当館自慢の展望露天風呂
ゆったりと丹後半島の旅情をお楽しみください。

一期一会のおもてなし
春から秋は豪華な海鮮会席料理
十一月から三月末は
豪快なカニ料理を ご堪能くださいませ。

海の華の魅力

 

おすすめ宿泊プラン

4月~6月まで、全館貸切 8名様から承ります。
海鮮会席コース 15,000円~ ご予算、人数、コース等お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ。

TEL:0772-74-0081




TEL:0772-74-0081

お部屋のご案内

お部屋は全室和室
窓から日本海が一望できます

※人数によりお部屋の広さが異なりますのでご了承ください

施設概要

客 室 全和室 8室
宴会場 大広間(30畳)、小広間
お風呂 露天風呂付大展望風呂 
男女各1
24時間入浴可能
客室設備 冷暖房、冷蔵庫、テレビ、
金庫、電話
客室アメニティ 浴衣、歯ブラシ、
タオル、バスタオル
ご宿泊 ・チェックイン / 15:00 
・チェックアウト / 10:00
※チェックインが18:00以降になる場合はご連絡ください。
温泉入浴付き
昼食コース
・チェックイン / 11:00
・チェックアウト/ 14:00
※時間厳守でお願いいたします。
駐車場 あり 無料
無料送迎 あり 木津温泉駅

TEL:0772-74-0081

カニコースは冬だけではありません!
海の華では「カニの季節を問わず、食べたいときに食べたい!」というご要望にお応えして、
年中いつでもカニフルコースが食べられます。

お手ごろなお値段でボリューム満点のカニフルコースをご用意いたしております。 「海の華」自慢の特製ダシでご賞味いただく、カニしゃぶ、カニ雑炊は天下一品!


様々なカニコースをご用意!

日帰り昼食カニフルコースもございます。昼食コースご利用のお客様にも 当館自慢の日本海を眺望する夕日ヶ浦温泉をご利用頂けます。

カニコースの詳細は
こちらをご覧ください

京丹後の四季の素材が詰まった海の華の豪華海鮮料理。 その季節の旬の素材を使うので、料理内容も異なってきます。

四季折々の
旬な素材をご堪能ください

京丹後の四季の素材が詰まった海の華の豪華海鮮料理。
その季節の旬の素材を使うので、料理内容も異なってきます。

こだわっているのは海の幸だけではありません。お米も地元で作られたコシヒカリを農家から直接仕入れて使用しています。味にうるさい常連さんからも「美味しい」と大好評をいただいております。

海鮮料理の料金は
こちらをご覧ください

TEL:0772-74-0081

露天風呂付大展望風呂
(夕日ヶ浦温泉)


潮風を感じながら
癒やしのひとときを・・・

露天風呂から眺める夕陽は格別なもの。
良質な温泉と目の前に広がる日本海をお楽しみください。

お湯はお肌にやさしいアルカリ性単純温泉の夕日ヶ浦温泉。 お肌がツルツルになると大好評をいただいております。 24時間入浴可能ですので、お好きな時間にご利用いただけます。

夕日ヶ浦温泉

泉 質 低張性弱アルカリ性高温泉
性 状 無色透明、無味、無臭
泉 温 源泉48.3度
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、
五十肩、運動麻痺、
関節のこわばり 、うちみ、
くじき、慢性消化器病、
冷え症、病後回復期、
疲労回復、健康増進 など

TEL:0772-74-0081

豪華カニフルコース
(11月~3月まで)

豪華カニフルコース
  大人
(中学生以上)
小学生 幼児
平日
日曜日
18,000円 70% 8,000円
土曜
祝前日
20,000円 70% 8,000円
正月 23,000円 70% 12,000円
昼食カニフルコース
平日 12,000円~
土・日・祝前日 12,000円~

いつでもカニフルコース
(4月1日~10月31日まで)

いつでも カニフルコース(4月1日~10月31日まで)
  大人 小学生 幼児
平日
土日
17,000円 10,000円 8,000円
GW
20,000円 10,000円 8,000円
夏でも カニフルコース(7月15日~8月31日まで)
  大人 小学生 幼児
平日
17,000円 10,000円 8,000円
土曜
祝前日
19,000円 10,000円 8,000円
お盆
21,000円 10,000円 8,000円

豪華海鮮会席コース

夏のふるさと海鮮会席コース
(7月15日~8月31日まで)
  大人 小学生 幼児
平日
12,800円 10,000円 8,000円
土曜
祝前日
14,800円 10,000円 8,000円
お盆 16,800円 10,000円 8,000円
春・秋のふるさと海鮮会席コース
(4月1日~7月14日)
(9月1日~10月31日)
  大人 小学生 幼児
平日
土日
12,800円 10,000円 8,000円
GW
15,800円 10,000円 8,000円

※上記料金は全てお電話・FAXでのご予約の場合の基本料金です。

※ 2名1室の場合、お一人様2,160円UPいたします。

※ご夕食のお時間は午後6:00~午後8:30までとさせていただきます。

※ 団体様(12名以上)の場合、寝間宴会でお願いすることがあります。

※ アルコール、ジュースなどのお飲み物の持ち込みは、お断りしております。

※カラオケのご利用は午後9時まででお願いいたします。
・移動式カラオケ:1席 3,240円(税・サ込)
・宴会場備え付け: 5,400円(税・サ込)

※ 昼食コースに関しまして、チェックアウトは時間厳守でお願いいたします。

※ 上記料金は全て税抜きの金額です。

お問い合わせ

料理旅館 海の華

〒629-3245
京都府京丹後市網野町浜詰391

TEL:0772-74-0081


TEL:0772-74-0081

駅から無料送迎!

鉄道でお越しの方へ

最寄り駅は京都丹後鉄道 「夕日ヶ浦木津温泉駅」です。 駅から海の華までは、 無料送迎いたしますので 事前にご連絡くださいませ。


お出かけ前のお役立ちリンク

鉄道

JRお出かけネット

京都丹後鉄道

道路交通情報

NEXCO西日本

お天気情報

Yahoo!天気情報


TEL:0772-74-0081

近隣の名所・観光地案内

日本海に突き出た丹後半島には、
おすすめの観光スポットがいっぱい!
レジャーにグルメ、歴史に文化・・・
お好みのルートで、周遊をお楽しみください。

京丹後市網野町

足湯「しらさぎの湯」

電車の待ち時間にも便利な、KTR木津温泉駅構内にある足湯。 広さ34平方メートル、2つの浴槽があるゆったりとした造りで、毎分1400リットルの湯量を誇る木津温泉を源泉かけ流しで使用しています。 泉質は弱アルカリ性単純泉、外傷や湿疹、胃腸病などに効果があります。
(無料、9:00~17:00)

夕日ヶ浦温泉 外湯
「花ゆうみ」

2006年にオープンした夕日ヶ浦温泉初の日帰り温泉施設。 庭園風呂、露天風呂、泡風呂、サウナなど、さまざまなお風呂が楽しめます。

詳しくはこちら

散歩道「夕日の路」

「夕日の路」は、名勝・夕日ヶ浦の海岸にある散歩道です。この路は浜詰観光協会と地元の有志が集まり造りあげられた路で、ほのかにライトアップされる行灯は有志の方の寄付により設置されました。

夕日ヶ浦海岸

浜詰・夕日ヶ浦海岸は、白砂青松の浜が久美浜・小天橋まで8kmに渡って続いています。遠浅の地形で岩場も一部あるため、海水浴・魚釣りの人々で賑わっています。また、紺碧の海が夕方になると茜色に変わり、夕陽が水平線に沈むサンセットビーチとしても有名で、日本夕陽百選にも選ばれ、ダイナミックなパノラマを求めてカメラマン達も多く訪れます。

琴引浜

網野町の北東部に位置する琴引浜は、全長1.8kmの白砂青松の大変美しい海岸です。浜の砂は「鳴き砂」と呼ばれ、足をするようにして歩くと「キュッキュッ」という音がすることからその名がつけられました。浜の一部には踏めば「ドンドン」と太鼓の音のように鳴る場所もあり、独特な風情が楽しめます。

京丹後市久美浜町

如意寺

関西花の寺25ヶ所霊場第7番礼所で、四季折々の花と花説法(要予約)のお寺です。奈良時代に行基によって開基されました。眼病に効くという霊水「閼伽井(あかい)の水』も有名で、多くの参拝者が訪れます。

くわしくはこちら

木下酒造

天保13年創業の酒蔵。米、水、酵母の本質にさからわず、素材の良さを引き出し、素直に醸します。また、熟練した杜氏の技と目を信じ、昔ながらの手法をかたくなに守っています。酒蔵見学や試飲もできます(10名以上・要予約)。店内で販売している地酒ソフトクリームは絶品!

くわしくはこちら

豪商稲葉本家

稲葉本家は、織田信長家臣、美濃の稲葉一族の末裔といわれています。久美浜の地にて糀製造で得た富を背景に廻船業を営み、沿岸交易によって巨富を得、付近諸藩の金融を独占するほどの豪商でした。建物は母屋、離れの茶室「吟松舎」、蔵資料館、庭園などが残っています。

くわしくはこちら

京丹後丹後町

経ヶ崎

丹後半島の最北端に位置する岬で、京都百景にも選ばれています。天気の良い日には能登半島や白山が見えることも。歩いて20分ほどの所には映画「喜びも悲しみも幾年月」の舞台となった経ヶ岬灯台があります。

京丹後市弥栄町

丹後王国「食のみやこ」

花・ふれあい・あじわいがテーマの体験型農村リゾート。ヨーロッパの街並みを再現した34ヘクタールの敷地には、ふれあい牧場、果実園、お花畑、工房、レストラン、芝生広場など、大人から子供まで一日のんびり楽しむことができる施設がいっぱいです。丹後唯一の地ビール工房もあります。 こだわりの味を一杯いかがですか?ポニーの乗馬体験もできます!

くわしくはこちら

与謝郡伊根町

丹後半島めぐり

お車でお越しのお客様におすすめのドライブコース。海岸沿いを走る道路で、天気の良い日にはすばらしい景色が続きます。途中には伊根の舟屋・経ヶ岬灯台など、見所も多数あります。伊根町を過ぎると天橋立へ出ます。

伊根船屋の里公園

伊根舟屋の里公園は、舟屋の街並みが一望できる絶好のロケーション。 舟屋と母屋をイメージした建物には、伊根町の魅力が凝縮されています。施設内には新鮮な海の幸を味わえるレストハウスをはじめ、花公園、土産物店、イベント広場などもあり、四季折々の各種イベントも開催されています。

くわしくはこちら

浦嶋公園

浦嶋太郎の伝説の地である伊根町の浦嶋公園は、浦嶋伝説にちなんだ施設がそろうユニークな新感覚スポット。玉手箱をイメージした円筒形の建物内にある「うらしまシアター」では、映像や光、ジオラマによって浦嶋太郎の辿ったコースを追体験できます。玉手箱スモークマシーンで疑似体験も!伊根の特産品がそろう「龍宮の市」やレストラン「龍宮庵」もあります。

与謝郡与謝野町

クアハウス岩滝

京都府内では最高温58.5度、湯量毎分211リットルの天の橋立岩滝温泉を使用した日帰り温泉施設。裸浴のほか、13種類の浴槽が並ぶ水着着用のバーデゾーン、温泉プールゾーンなどがあります。

加悦SL広場

加悦SL広場には、明治6年イギリスで製造の日本で2番目に古いSL「2号機関車」をはじめ、今では貴重な機関車・客車など古い機関車がたくさん展示してあります。電車がカフェやショップになっており、 旅気分で味わうことができます。

宮津市

天橋立

日本三景の一つで、特に「股のぞき」で有名な傘松公園から望む松並木は絶景です。傘松公園へはケーブルカーまたはリフトで約4分。宮津湾の向こうには宮津市街地、大江山を望むことができ、付近にはお土産屋さんも多数あります。また、傘松公園からは西国札所成相寺行きの登山バスも出ています。

くわしくはこちら

天橋立ワイナリー

熱処理しないブドウで製造された「天橋立ワイン」は、飲み口がスッキリとしていて女性にも大好評です。工場内は醸造工程の見学ができ、天橋立ワインの販売や試飲コーナー、アートギャラリーもあります。
(入場・試飲無料)

くわしくはこちら

天橋立温泉「智恵の湯」

天橋立駅横にある日帰り入浴施設「智恵の湯」は、ナトリウム炭酸水素塩泉の天然温泉でスベスベの美肌効果が!体の芯から温まり、ポカポカ感が長続きする温泉です。
(外の足湯は無料)

魚っ知館

26種の水槽に、丹後の海に棲む魚介類や珊瑚礁の海に棲むカラフルな熱帯魚など約300種6000匹が飼育されており、ご家族で楽しめる水族館です。屋外には日本最大級のタッチングプールがあり、魚やヒトデなどじかに手を触れて観察できます。関西電力のPR館を兼ねているので、エネルギーの勉強もできます。

くわしくはこちら

兵庫県豊岡市

城崎マリンワールド

「海の生き物たちとの交歓」をテーマに、見るだけでなく体全体でまるごと海を感じることができる新しいかたちの水族館。体感水族館「Sea Zoo」のほか、イルカと遊べる「ドルフィンコーブ」、イルカやアシカショーなど楽しめるショーや体験プログラムがいっぱい!マリンビュー号に乗って日本海をクルーズすることもできます。

くわしくはこちら

玄武洞公園

規則正しい割れ目を見せる柱状節理は、約1600万年前の火山活動で流れ出た溶岩が冷えて固まるときにできたもので、国の天然記念物に指定されています。玄武洞をはじめ、清龍洞・白虎洞・南朱雀洞・北朱雀洞の5つの洞が南北250mの間にあります。近くには、玄武洞や鉱物の神秘を紹介する「玄武洞ミュージアム」もあります。

くわしくはこちら

コウノトリの郷公園

国の特別天然記念物に指定されている「コウノトリ」の野生復帰に積極的に取り組む拠点施設。コウノトリの保護・増殖をはじめ、将来、コウノトリを再び野生にかえすための研究を行っています。コウノトリが観察できる公開ケージでは、今ではなかなか見ることができないコウノトリの美しい姿を見ることができます。 山々に囲まれ、川の流れる広大な敷地内には、クワガタなどが生息する森や、ミズカマキリ、モリアオガエルなどが生息する湿地などが整備されています。

くわしくはこちら

出石城下町と出石そば

「但馬の小京都」と呼ばれる、伝統とロマンが息づく城下町。名物「出石そば」は、宝永3年(1706年)に信州上田から国替えになった仙石氏により伝来したといわれています。 伝統の「三たて(挽きたて・打ちたて・茹がきたて)製法」によるその素朴なコシと風味は、出石の代表的な味覚。 お店では、出石焼の小皿に盛られたそばと薬味、徳利に入っただしが運ばれてきます。

くわしくはこちら


夕陽百選(夕陽フォトギャラリー)

TEL:0772-74-0081

夕日ヶ浦で撮影した、
皆さんのすてきな夕陽の写真をお送りください。
このページに掲載されるかも・・・。